ホットヨガの健康効果と注意点とは

ホットヨガは気温40度湿度60%程度という環境でヨガを行うエクササイズのひとつ。激しい運動ではないのにありえないほど汗をかくと女性に人気のお稽古です。専門のスタジオに通う必要があるので、通いやすい立地であることやコストがかかりすぎないなどチェックする必要があります。それさえクリアすれば特別なものは必要ないのですぐに始めることができます。ヨガマットなどはスタジオによって貸出していることろもあります。ヨガによる健康効果や精神的な安定などは有名ですが、高温多湿の環境で行うことによる違いはどこにあるのでしょうか。また、過酷な環境で行うエクササイズだからこそ注意しなければいけないこともいくつかあります。これから始めてみようという方はぜひ参考にしてください。

健康と美容におすすめの理由

ホットヨガで大量に汗をかくと、毛穴が開いて老廃物が流れ出るので美肌に結び付くのをご存知でしょうか。冷えやむくみが気になる女性は手先や足先もぽかぽかして、すっきりほっそりするのを感じるはずです。水分補給をきちんとすることで体内の水分がめぐり、代謝がアップします。代謝アップはダイエットにも大きな役割があるので、中高年にはぜひおすすめしたい効果です。血流もよくなるので、内臓の働きが活発になり、便秘解消にも効果的です。健康効果の中には精神の安定も含まれます。汗をかくことはそれだけでストレス発散になりますし、ゆったりとした動きでリラックスの効果も大きくなります。心も体もリフレッシュできて、スタジオを出るころにはすっきりとした爽快感に全身が包まれるはずです。

これだけは注意してほしいポイント

ホットヨガは急速に水分を奪われるエクササイズですので、レッスン中も随時水分補給を心がけなければいけません。少なくとも500mlのペットボトル1本分は飲み切るようにしましょう。健康な人でも始めのうちは気分が悪くなったり、立ちくらみやめまいを感じることがありますが、高血圧や心疾患がある人は特に注意が必要です。あらかじめかかりつけ医に相談し、指導を受けましょう。もちろん、飲酒している場合や妊娠中など、控えなければいけない時期もあります。普通のヨガと違って、汗をたくさんかきますので、タオルや着替えなどを十分に用意し、風邪をひかないように注しましょう。ヨガマットは自分専用のものを購入した方が衛生的に気持ちよく使えるでしょう。ホームセンターやヨガスタジオでも購入が可能です。